夜の自信を取り戻すためにも勃起不全を解消しましょう

素早い効果

医薬品

2番目に誕生

EDの治療薬は世界中に普及しており、多くの男性に服用されています。EDを治療する薬として世界ではじめて誕生したのはバイアグラですが、その次に誕生したものがレビトラとなります。パッケージはオレンジ色をしており、炎のマークが描かれているのが特徴です。東京では専門クリニックで正規のものを処方してもらうことができますが、保険を適用することができないので自費での負担となります。東京だけにかかわらず、どこのクリニックでも自己負担となるのは変わりません。

標準的な食事

これまでのEDの治療薬は食事の影響を受けやすいため、性行為の前に服用するにしてもタイミングが難しい欠点がありました。それをカバーしたのがレビトラです。これまでとは違い食事の影響を受けにくいので、標準的な食事であれば問題ないとされています。目安は700kcalとされているので、カロリーが高いものには注意しましょう。

東京で処方してもらう

レビトラは勃起の状態をサポートする薬となるため、服用したからといって勃起ができるわけではありません。あくまでも補助の役割となることを頭に入れておきましょう。また、東京の専門クリニックでレビトラを処方してもらう人は、現在服用中の薬があれば申告する必要があります。例えば、抗真菌薬やHIV治療薬などと併用した場合は、健康被害を招く恐れがあります。これらの薬を服用中の人は処方ができないので、健康のためにも事前に伝えるようにしましょう。